帽子の洗濯方法について

洗濯できない帽子の場合

洗濯できない帽子の場合

基本的に洗濯ができません。帽子の汚れは額から出る汗で汚れることが多いので、額や頭と接する場所を、
かたくしぼった濡れタオルなどでこまめにふき取ってあげることが大事です。
あとは市販の消臭除菌スプレーなどで対応をします。(目立たない部分で試してください。)

軽微な染みなどでない汚れであれば消しゴムで落ちる場合もあります。
こすりすぎは生地を傷めますので角などでそっとこすってみて下さい。

ファンデーションや強い汚れの場合はベンジンなどでとることもできますが、変色などをおこす可能性が
あるためにあまりオススメではありません。

手洗い可能な帽子の場合

手洗い可能な帽子の場合

汚れが目立つ箇所はえりそで用部分洗い剤などをつけ、汗ジミなどがある場合は液体酸素系漂白剤か、
しみ用の部分洗い剤をつけます。30℃くらいのぬるま湯か水につけ、押し洗うようにそっと手で洗濯します。
(※洗濯機を使用すると型崩れなどをおこしますのでお控え下さい。)

洗い終わったら水ですすいだ後に、タオル等で水気をとり、自然乾燥・陰干しします。
このときにシワを伸ばし、帽子の中にタオルや調理用ザルなどを入れて形を整えて乾燥させます。
きちんと整えて乾燥させないと縮みなどの原因にもなります。
(※洗濯機での脱水、天日干しは型崩れなどをおこしますのでお控え下さい。)

ドライクリーニング可能な帽子の場合

ドライクリーニング可能な帽子の場合

お近くのクリーニング専門店でご相談されることをオススメします。
お店によっては、フェルトなどの帽子でもクリーニング後に型入れできる店などもあるようです。

帽子の上手な保管方法

帽子は直射日光、湿気や水気に弱いものが多いので、日の当たらない風通しの良い場所に保管されるのが
良いと思います。箱に入れる場合、ウールや天然素材のものは防虫剤を忘れずにお入れ下さい。
帽子の中にクッションや紙を入れておくと、型くずれの防止にもなります。

種類別の帽子の洗い方