ニューエラの人気キャップである59fiftyとは?9fiftyとは?

ライオンドー帽子通販ショップ

~目次~

59fifty(5950 / フィフティーナインフィフティー)とは?

ニューエラ(NEW ERA)の代表的な人気のキャップの一つに59FIFTY(5950 / フィフティーナインフィフティー)というかたちがあります。なぜ59FIFTYという名前なのか?それは当初採用されていたウール素材の生地番号“5950”に由来すると言われています。現在はウール生地からポリエステル生地100%(2022年現在)に変更されるなどの改良がされていますが、ツバがフラット(平ら)で深めのかぶりが特徴的なベースボールキャップはニューエラ(NEW ERA)を象徴するかのようなかたちになっています。こちらをベースに様々なかたちに派生しているので、その違いを説明していきたいと思います。

59FIFTY

ニューエラの中で最も有名で人気があるかたちです。生地や素材、配色や刺繍を変えるなどで幅広い種類のアイテムがあります。様々な企業ブランドやアニメ・映画などともコラボしています。サイズ展開が約1cm刻みに小さいサイズから大きいサイズまで展開されていて、フィッテッドサイズといわれ自分好みにぴったりと合ったサイズを選ぶことができます。

ニューエラ(NEW ERA)59FIFTYのサイズの選び方は?

59FIFTYはサイズ展開が下記のように9展開あります。

7(55.8cm),71/8(56.8cm),71/4(57.7cm),73/8(58.7cm),71/2(59.6cm),75/8(60.6cm),73/4(61.5cm),77/8(62.5cm),8(63.5cm)

サイズ選びについてですが、一般的な市販の帽子で多いものは58cm位になりますので、71/4(57.7cm)か73/8(58.7cm)のサイズが人気がります。男性で人気なのは71/4(57.7cm)か73/8(58.7cm)、女性で人気なのは71/8(56.8cm)か71/4(57.7cm)あたりです。通常のベースボールキャップの後ろのサイズ調節のアジャスターをゆるめてかぶるなど頭のサイズが大きいサイズの方には75/8(60.6cm)か73/4(61.5cm)あたりが人気です。もしアジャスターをゆるめてもかぶれないなどの方は77/8(62.5cm)か8(63.5cm)あたりがおすすめです。逆に市販の帽子でぶかぶかなどの場合は7(55.8cm)か71/8(56.8cm)のサイズが考えられます。ちなみに2022年現在のところ、59FIFTYでは8以上のサイズはございません。

On-Field 59FIFTY(オンフィールド・フィフティーナインフィフティー)

MLB Authentic Collection(MLBオーセンティックコレクション)のOn-Field 59FIFTYの通称「オンフィールド」。特徴は実際のMLB(メジャーリーグベースボール)で使用されているものと同じキャップになります。主にチームロゴの刺しゅうがされており、ホームやアウェイなどでカラーの配色などが異なります。(メーカーの表記ではゲーム、ホーム、オルタネイト、ロードなどといった呼び名でわけられています)

MLB 59FIFTY (エムエルビー・フィフティーナインフィフティー)

59FIFTYをベースに主にカラーリングなどをカスタムしたキャップになります。ロゴには人気のNY(ニューヨークヤンキース)やLA(ロサンゼルスドジャース)などのチームが主に使用されることが多く、カラーリングもレッドやグリーンなどといった実際のMLB(メジャーリーグ)で使用しない色やデニム素材などを使用してファッションアイテムとしてカスタマイズされています。

MLBのロゴを用いたカスタム仕様の59FIFTY。ブラックの本体に黒のロゴカラーを刺繍しています。通常のチームカラーには…
デニム素材の59FIFTY。インディゴデニム生地を使用し、ロゴカラーにはミッドナイトネイビーの刺しゅう。通常のチームカラ…

Basic 59FIFTY(ベーシック・フィフティーナインフィフティー)

59FIFTYの無地のキャップ。フロント部分にある刺しゅうが無いので名前の通りベーシックなスタイルです。

左サイドにフラッグロゴのみを刺繍したベーシックシリーズです。最もシンプルで59FIFTYのシルエットが際立つキャップです…

Pre Curved 59FIFTY(プレカーブ・フィフティーナインフィフティー)とは?

ニューエラ(NEW ERA)の59FIFTYはキャップのツバがあらかじめフラット(平ら)になっています。このツバは曲げて自分の好きな角度にアレンジすることが可能なのですが、最初からベストな状態に曲げているのが「プレカーブ」です。基本的には59FIFTYと同じつくりになっているのでやや深さのあるかぶり心地とサイズ展開が約1cm刻みの9展開あります。こちらもMLBとベーシックスタイルが存在します。

MLB Pre Curved 59FIFTY (フィフティーナインフィフティー・プレカーブ・エムエルビー)

59FIFTYをカスタムしたキャップのプレカーブ版になります。つばの部分はあらかじめ曲げてあります。ロゴには人気のNY(ニューヨークヤンキース)やLA(ロサンゼルスドジャース)などのチームでカラーリングもグレーなどカスタマイズされています。種類は通常の59FIFTYにくらべてやや少なめです。

ニューエラ(NEW ERA)の59FIFTYをベースに、バイザーをあらかじめカーブさせたプレカーブ仕様のコレクションです…

Basic Pre Curved 59FIFTY(ベーシック・プレカーブ・フィフティーナインフィフティー)

59FIFTYの無地のキャップのプレカーブ版です。フロント部分にある刺しゅうが無いので名前の通りベーシックなスタイルです。

左サイドにフラッグロゴのみを刺繍したベーシックシリーズです。59FIFTYをベースに、バイザーをあらかじめ着用しやすいよ…

Low Profile 59fifty(ロープロフィール・フィフティーナインフィフティー)とは?

ニューエラ(NEW ERA)の59FIFTYを浅くしたスタイルで通常の一般的なベースボールキャップに近いかたちになっています。つばも最初からやや曲げてあるためにかぶりやすいシルエットです。

On-Field Low Profile 59FIFTY(オンフィールド・ロープロフィール・フィフティーナインフィフティー)

MLB Authentic Collection(MLBオーセンティックコレクション)のOn-Field Low Profile 59FIFTYです。実際にMLB(メジャーリーグベースボール)で使用されているクラウンが低くキャップの浅いバージョンとなります。なおバイザーはプレカーブ仕様であらかじめツバが曲がったタイプになります。(クラウンとはツバの部分をのぞく頭のトップの部分を指します。王冠の「クラウン」からきています。)

メジャーリーグ・ベースボールの公式選手用オンフィールドキャップにも採用されているLP 59FIFTYは クラウンが低くデ…

MLB Low Profile 59FIFTY(エムエルビー・ロープロフィール・フィフティーナインフィフティー)

MLB(メジャーリーグベースボール)のチームロゴを用いて素材やカラーをアレンジしたカスタム仕様の59FIFTYのクラウンが低くキャップの浅いバージョンとなります。

Basic Low Profile 59FIFTY(ベーシック・ロープロフィール・フィフティーナインフィフティー)

59FIFTYの無地のキャップのクラウンが低くキャップの浅いバージョンとなります。フロント部分にある刺しゅうが無いので名前の通りベーシックなスタイルです。

Retro Crown 59FIFTY(レトロクラウン・フィフティーナインフィフティー)とは?

59FIFTYをより柔らかく、浅く低めのクラウンにしたことでクラシカルなかぶり心地にしたキャップです。

ニューエラ 59fifty PC(プレカーブ) LP(ロープロフィール)RC(レトロクラウン)違いとは?

大まかに説明するとPC(プレカーブ)は最初から59FIFTYのツバが曲げてあるもの、LP(ロープロフィール)はツバが曲げてあり、かつトップが浅いかぶり心地のもの、RC(レトロクラウン)はツバは平らなままで、フロント部分は芯地がなくやわらかで浅いかぶり心地(クラシックスタイル)のものといった違いがあります。それぞれツバの曲がり具合とかぶりの深さに主な違いがあります。

その他の59FIFTYについて

59FIFTYには上記のものに加えてさらに種類があります。

Cooperstown(クーパーズタウン)=過去にメジャーリーグで使用されていたクラシックなチームロゴをデザインモチーフとしたシリーズ、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)のロゴを用いたプロバスケットボールリーグをモチーフとしたシリーズ、NFL(ナショナルフットボールリーグ)のロゴを用いたアメリカンフットボールのプロリーグをモチーフにしたシリーズ、NPB(日本野球機構)のセントラルリーグ(セリーグ)とパシフィックリーグ(パリーグ)のチームロゴをモチーフにしたシリーズ、最小サイズのエントリーモデル(いわゆる赤ちゃん・赤ん坊用)でMy 1st 59FIFTY(マイファースト・フィフティーナインフィフティー)などがあります。

9FIFTY(950 / ナインフィフティー)とは?

9FIFTY(ナインフィフティー)とはスナップバックといわれる、バック部分にアジャスターを採用したスタイルのキャップです。主にかぶりの深さやフロント部分の使用については59FIFTYと同じスタイルになります。

9FIFTYは、59FIFTYと同様のフォルムながらアジャスタブル仕様でサイズ調整が可能なニューエラ(NEW ERA)の…
キャップの生地に伸縮性のあるストレッチ素材を採用し、バックのアジャスターでサイズ調整もできる革新的なアイテム。スウェット…

59fiftyと9fiftyの違いとは?

一見見た目は59FIFTYと似ているが、大きな違いはバックにアジャスターがあり、サイズ調節ができるかどうかが異ななります。59FIFTYはサイズ調整ができずに自分にあったサイズを選んでかぶるのに対して、9FIFTYはアジャスターでサイズ調節してかぶります。

キャップに貼ってあるステッカーシールは剥がす(はがす)?剥がさない(はがさない)?ずれてる場合は?

ニューエラ(NEW ERA)のキャップには通常、ツバの上または裏側に帽子の種類やサイズを表すシールが貼ってあります。こちらを剥がす(はがす)のか剥がさない(はがさない)のかといった論争がありますが、こちらは結論的には自由であると思います。もともとはヒップホップのカルチャーの流れからシールを貼ったままのほうがかっこいいという文化ができました。(「新品なんだぜ」「帽子を盗んできてやった」などといったイメージから。所説あります。)実際のところはニューエラの社員の方などもそれぞれのようで、剥がしてかぶる人も多いようです。剥がしてつばの裏側に貼ったりするのもひとつですね。ただこちらのシールはニューエラが偽物でなく本物である加工(ブラックライトなどで文字が浮き上がるようになっています)がされているので、剥がさずにいたほうがメルカリなどネットオークションに中古として販売する場合も価格が高く売れるかもしれません。よく最初からずれている場合もあるので、そうした場合は自分で貼り直すのもよいかもしれません。

【関連商品】

ニューエラ

メンズ用ニューエラ

レディース用ニューエラ

Top