帽子が20%ポイント還元

ジェームスロック&コー(James Lock&Co.)新入荷!

記述に残る世界で最も古いとされる帽子屋はどこであろうか?

その答えは「JAMES LOCK & CO.,LTD」である。

日本では「ジェームスロック」「ロック&コー」などで呼ばれることが多いのだが、本家のイギリスのロンドンでは「Lock’s」とTaxi Driverに伝えるだけで、何も言わずにこの帽子屋にまで連れて行ってくれるというほど有名な帽子屋である。

NIGO氏や滝沢伸介氏も注目し、A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)やNEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)とのコラボレーションのハットを展開するなど、業界においての評価も高い。

やはりジェームスロックの大きな魅力としては、イギリス紳士の特有のクラシカルなシルエット、伝統的な製法による基本に忠実なつくりが300年以上経った今でも色あせないからであろう。

ジェームスロックの帽子に魅了され、愛した人物もそうそうたるメンバーが多い。サー・ウィンストン・チャーチル(チャーチル首相)、チャールズ・チャップリン、ネルソン提督などである。皇室ご用達でもあり、その格式は高い。

ジェームスロックで有名なハットと言えば、まず思い浮かぶのが「TOWN COKE」である。こちらは当時のお客であったトーマス・コークにちなんで名前をつけられ、コークハットと呼ばれた帽子である。現在ではボーラーハットの名前で有名ではあるが、ジェームスロックではコークハットと呼ぶ。

https://www.lion-do.jp/mall/products/detail.php?product_id=123

 

TOWN COKE ジェームスロック&コー(JAMES LOCK&CO.)

 

次に押さえておきたいのは「VOYAGER」である。こちらは「航海者」という名にふさわしく、折りたたんで持ち運ぶのに適した帽子である。軽い素材でまるめることができる柔らかさがあるために、普段かぶっていても堅苦しさがない。ややツバ広で今期のトレンドも押さえている。

https://www.lion-do.jp/mall/products/detail.php?product_id=124

VOYAGER ジェームスロック&コー(JAMES LOCK&CO.)

価格はけして安いとは言えないジェームスロックではあるが、その商品の仕上がり、また帽子の持つ存在感を目の当たりにすれば、きっとその価値にお気づき頂けると思う。

ジェームスロック&コー(JAMES LOCK&CO.)

JAMES LOCK&CO.

http://www.lockhatters.co.uk/

【関連商品】

ジェームスロック

Top