帽子が20%ポイント還元

ハンチングの後ろ被り(BACK TO FRONT/バック トゥ フロント)のコーディネート

ハンチングの後ろかぶり(BACK TO FRONT/バックトゥフロント)のコーディネート

BACK TO FRONT(バックトゥフロント)とは?

BACK TO FRONTとは、カンゴール(KANGOL)のハンチングキャスケットなどの帽子において、カンゴールのロゴマークを前にしてかぶるかぶり方です。ベレー帽のようにかぶることができるのでスタイルの幅が広がります。

ハンチング 後ろ被り

本日のスタイリング。少し肌寒い日にはカーディガン。ハンチングも後ろにかぶるとベレーのような表情に。カンゴールのマスターピース、WOOL504。

ハンチングとは本来はキャップなどの流れを組むものなので、ツバが前であるのが通常のかたちである。前にあるからこそ日よけの意味もある。しかしながら、近年ではハンチングも後ろと前を逆にかぶるスタイルが出てきた。

特にカンゴール(KANGOL)では、BACK TO FRONT(バック トゥ フロント)という提唱で後ろかぶりを勧めている。海外でも一部のハリウッドスターがそのようなかぶり方をしていたとのこと。WOOL504のようなサイドにボリュームのあるものはベレー帽のような雰囲気で思うよりも抵抗が少ない。そしてカンゴールのロゴマークがフロントに来ることで、しっかりとハマる。

メンズのベレーが流行している今だからこそ挑戦してみたいスタイルである。サイド、またはトップにボリュームのあるハンチングであればKANGOLでなくてもかまわない。自由に楽しんでみたい。

BACK TO FRONT(バックトゥフロント)におすすめの帽子

カンゴールハンチング ウール504/KANGOL WOOL 504

カンゴールの代表的なかたちであるウール504のハンチング。ベレー帽のようにしてかぶるのがトレンド。ウール特有の素材感もいいです。

カンゴールキャスケット・ウールスピットファイヤー/KANGOL

カンゴールキャスケット・ウールスピットファイヤー/KANGOL

カンゴールキャスケット・ウールスピットファイヤー/KANGOLYahoo!ショッピングで買う

クラウンにボリュームのある秋冬向け、カンゴール・キャスケット。前部分がツバと離れている分、かぶりが深めになっています。かぶり方はBACK TO FRONTでどうぞ。M(56cm〜57.5cm推奨)、L(57.5cm〜59cm推奨)、XL(59cm〜60.5cm推奨)メンズ・レディースおすすめ。

Instagram

Facebook

twitter

Pinterest

WEAR

Top