帽子が20%ポイント還元

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子とは?

ボルサリーノは1857年から続く老舗の帽子ブランドである。世界的にも歴史は古く、有名な帽子メーカーだ。日本でも多くの百貨店やセレクトショップが注目するブランドである。

ボルサリーノ(Borsalino)の歴史

ボルサリーノの歴史は1857年からはじまる。ジュゼッペ・ボルサリーノが創業した。一躍有名となったきっかけは「ボルサリーノ」という映画が製作されたことであろう。当時のマフィアやギャングにスポットを当てて撮られた映画の影響もあり、渋いメンズのイメージが強い。 現在も当時の木型を使用したハットをつくるなど、昔と変わらない伝統的な方法で帽子をつくっている。

ボルサリーノ(Borsalino)

ボルサリーノ(Borsalino)の帽子の特徴

ボルサリーノの帽子の特徴は、長い伝統に裏打ちされた高品質でデザイン性のあるところだといえる。現在ソフトハットと言われる、糊で固めていないフェルトハットはボルサリーノがはじまりだと言われており、機能的にも優秀な帽子でもある。 ボルサリーノは現在、主にメンズ向けとして販売されているアイテムが多いのではあるが、近年梨花などモデルが愛用していたということからレディースにも人気が出てきている。

ボルサリーノ(Borsalino)のイタリア製と日本製について

ボルサリーノは海外生産と国内ライセンス生産のものに大きくわかれる。主としてパナマハットやストローハット、フェルトハットやビーバーハットといった帽子は海外生産(イタリア製)で、サファリハットやサーモハット、ハンチングなどは国内ライセンス生産(日本製)のものが多い。中でもウォッシュコットンのカメラマンハットなどはショートブリムのサファリハットで人気が出たアイテムだ。 イタリア製と日本製の大きな違いや見分け方は、タグの色である。ブラック(黒色)ベースのタグであればイタリア製、ワイン(ボルドー)ベースのブランドタグであれば日本製である。

【関連商品】

ボルサリーノ

Top