帽子が20%ポイント還元

帽子の髪型とヘアアレンジ

帽子をかぶる際にあわせて考えたいのは髪型やヘアアレンジ。単純に帽子をかぶると髪型は目立たなくなってしまうが、できればセットで考えてみたい。帽子をかぶった後に見える髪の分量などによって印象は変わってくる。

ニューエラ ナインフィフティー/NEW ERA9FIFTY

メンズ・男性の帽子をかぶる時の髪型とヘアアレンジ

年齢や見せたい印象によって前髪を考える

基本的に男性の帽子をかぶる時というのは髪がショートもしくはミディアムの場合が多いのでへアレンジという考えは少ないかもしれない。髪が短い場合は帽子をかぶると隠れてしまうので、アレンジするのは難しい。メンズ・男性の場合、中心となるのは「前髪をどうするのか?」ということであると思う。前髪を出して見せた場合、やや幼くみえることが多い。見せたい印象によってアレンジしたらよいが、20代くらいであれば前髪を出す、30代以降になると前髪を入れてしまった方が落ち着いた印象でよいように思う。特にニット帽やポークパイハットやボーラーハットなどツバが小さいものをかぶる時は前髪の印象が大きくわかれてくるだろう。また帽子をかぶることを想定して坊主にしたり、髪を短くしておくと帽子のかぶり癖が出てヘアスタイルが崩れる、または髪が変になるようなことも気にならないかもしれない。

スポーツや用途によって最適なかぶり方を

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツや登山、夏フェスといった様々なシーンで帽子はかぶる機会がある。アクティブになるほど機能的な面を考えて前髪は入れてしまったほうが便利かもしれない。前髪が邪魔にならないですむからである。

かたちによる似合う帽子のかぶり方

帽子のかぶり方

レディース・女性の帽子をかぶる時の髪型とヘアアレンジ

ショート・ミディアム・ボブなど短い髪型の場合

髪型が短い場合は、メンズ・男性の場合と同じようにヘアアレンジできる範囲は少ない。大きくわけると前髪を入れるかどうか?またサイドの髪をどの程度見せるかということが大きなポイントになる。女性の場合も前髪をみせるほうが幼い、または若いイメージになるのに対して、前髪を隠すと大人っぽいイメージになる。サイドにボチュームをもたすかどうかは顔の輪郭で判断するのもよい。エラが張っていたり、丸顔の場合はサイドにボリュームをもたせたり、サイドの髪を出すことで、全体のバランスを考えるとよいだろう。細い顔の人は思い切ってサイドを出してしまったほうがすっきりとしたイメージになる。

ロング・セミロングなど長い髪の場合

編み込み、三つ編みやお団子ヘア、ポニーテール、くるりんぱ(ハーフアップ)などヘアアレンジを変えていくことでイメージを変えていける。特に海でかぶる夏のストローハットなどはポニーテールなどにすることでメリハリが出てすっきりとした印象にすることができる。広いツバなどをのフェルトハットなどをかぶる際には、それに負けないようにストレートにロングヘアを見せたほうがよいかもしれない。自分にあった似合うイメージを探してみたい。また女性も男性と同じように運動会やスポーツなどのアクティブなシーンでは髪を簡単に束ねてキャップをかぶるなど機能的な面も考慮してコーディネートしていきたい。

ニューエラ ダブルエム・ゼロワン/NEW ERA WM-01

前髪を出す?出さない?

男女ともに大きなポイントとなる前髪。簡単に言えば、出すと幼く(若く)見え、隠すと大人っぽく見える。スポーツなどアクティブで前髪が邪魔になるようなシーンでは単純に隠すほうがよいが、普段であれば印象がわかれる重要なところである。前髪が見えるところは男性であれば出すか出さないかという主に2択になってくると思われるが、女性であれば、ぱっつんにする、長い場合は少し切る、わけるなどで印象がわかれる。前髪を切りすぎた場合は隠してしまうほうがいいかもしれません。パーマ、縮毛矯正などをしている場合、前髪にワックスなどをつけて整えるとよいと思います。また汗をかきやすいひとの場合も前髪を入れてしまったほうがいいように思います。見せ方も重要ですが、状況によってどちらにするか考えるとよいでしょう。

Top