帽子が20%ポイント還元

新春スノボ・スノーボード・スキーなどにおすすめの帽子

本日は成人の日。各地の成人式で振袖姿も見られる日ではないでしょうか。私が成人の時にはスノーボードは大ブームでしたが、現在もその人気は衰えずにウインタースポーツではメジャーなスポーツとなりました。そんな雪山にかぶって行くようなおすすめの帽子がこちら。

まずはど定番のシンプルなニット帽

メンズ・レディース、年齢問わずにかぶれるのが定番のシンプルなニット帽。ウェアの色や気分にあわせてカラーをチョイスしたいところ。少々派手目なカラーリングでも雪山では大丈夫かと思います。

edih.×LION-DOダブルネームアゼワッチ

シンプルなアゼ編みのワッチ。ベーシックなアクリル素材で伸びも良い。カラー配色も豊富なのがポイント。スポーツ時は付属のバッチは外してかぶってください。

edih.×LION-DOダブルネームアゼワッチ

edih.×LION-DOダブルネームアゼワッチYahoo!ショッピングで買う

edih.アクリル・ケーブルワッチ

ケーブル編みのアクリルワッチ。あたたかみのあるケーブル編みのワッチもおすすめ。シンプルなテイストでこちらもメンズ・レディースにおすすめのワッチです。

edih.アクリル・ケーブルワッチ

edih.アクリル・ケーブルワッチYahoo!ショッピングで買う

エディ カシミア混ニットキャップ/edih.cashmere knitcap

edih.のカシミヤ混のウールニット帽。軽くて暖かい素材が特徴。きめの細かい編み地と丁寧な仕上げで上質なテイストは日本製ならではだろう。折り目を返せばロングビーニーとしても使用が可能。

エディ カシミア混ニットキャップ

エディ カシミア混ニットキャップ/edih.cashmere knitcapYahoo!ショッピングで買う

耳当て付きのニット帽パイロットタイプの帽子は機能的にも◎

バフキャップ/BUFF CAP

リブニットの耳宛のついた保温性が高いメルトン生地を使用したベースボールキャップ。自転車の通勤やアウトドアなどにもちょうどよいキャップ。

バフキャップ/BUFF CAP

バフキャップ/BUFF CAP

パイロットワッチ・ジョー

パッチワークのパイロットキャップ。フェイクファーの生地が見た目にもあたたかい。ウシャンカタイプなので、通常は耳当てをあげて、寒くなった時はおろすこともできる。

パイロットワッチ・ジョー/PILOT WATCH JOE

パイロットワッチ・ジョー/PILOT WATCH JOE

イヤーワッチ・ヒット

すっぽりと耳までかくれるポンポン付きのニット帽子。ポンポンと三つ編みのような紐がついていてチャーミング。アクリル毛糸なのでチクチクしません。寒い日のお出かけに最適。手洗いも可能です。

イヤーワッチ・ヒット

イヤーワッチ・ヒット

フュージョン・ワッチ

耳当て付きのニット帽。ポンポンがトップについているので可愛らしい。ポンポン付きのニット帽は一時期すごく流行したかたちであるが、現在でも根強い人気がある。カラフルなカラーリングでボード向きなニット帽である。

https://www.lion-do.jp/mall/products/detail.php?product_id=522

フュージョン・ワッチ/FUSION WATCH

安定した人気のキャスケットタイプの帽子

ポメリキャスケット・ソリッド

編み方の種類を部分的に変えてあるユニークなニットキャスケット。つばが付いているのでちょっとした日よけにも。薄手の生地ですが、耳まで隠れてあたたかい。風で飛ばないので自転車に乗るときにも便利。アクリル100%。手洗いOK。

ポメリキャスケット・ソリッド

ポメリキャスケット・ソリッドYahoo!ショッピングで買う

リラックスキャスケット

耳まですっぽりと入るのでしっかりとカバーできるニットキャスケット。シェットランドウールを使用し、あたたかいつくりになっている。サイズもやや大きめなので、頭の大きいメンズにもおすすめしたい。

リラックスキャスM/RELAXED CAS.M

リラックスキャスM/RELAXED CAS.M

ドネガルニット・オスローキャップ

ドネガルツイードを使用したツバ付きのオスロキャップ。やわらかな質感がある。ツバ付きのニットキャップは機能的にも使いやすいのでおすすめである。

ドネガルニット・オスローキャップ

ドネガルニット・オスローキャップ

スノーボード・スノボ・スキーなどの帽子の選び方

スノーボードなどは上級者になるとゴーグルだけでいいとか、別にかぶらなくていい、何もなしでいいという人がいるが、実際安全面などを考慮するとかぶっておいたほうが良いと思います。転んだ時の頭部へのダメージの軽減になり、また体温を維持するためにもかぶるほうが無難と言えます。選び方としては、初心者はシンプルなニット帽が一番だと思います。また分厚く、ボリューム感があり、クッション性も高いようなニット帽を選んだほうがいいでしょう。慣れてきたら、ツバ付きのものやキャップなどファッション性も高く、おしゃれを意識した帽子に変更しても良いと思います。通常の帽子に防水スプレーをふったようなものをかぶるのも一つのアピールかもしれません。

Top