帽子が20%ポイント還元

アドベンチャーハットとは?

アドベンチャーハットとは?

ハットの種類もたくさんあって、アドベンチャーハットの定義が難しいところではありますが、アドベンチャーハットとはツバが長く、あごひもがついていて、トップにはブランチループと呼ばれるベルトがついている帽子のことを主に指します。アドベンチャーハットの原型はミリタリーハットのブッシュハットやブーニーハットから来ていると思われます。ブッシュハット、ブーニーハットはベトナム戦争時代にアメリカ軍が愛用していた帽子です。時代は変わって現代では野外でかぶるのに適してるので、アウトドア好きの男女やアクティブなママなどに人気の帽子です。

ニューエラ アドベンチャー/NEW ERA ADVENTURE

ニューエラ アドベンチャー/NEW ERA ADVENTUREYahoo!ショッピングで買う

アドベンチャーハットの特徴とは?

主に野外でアクティブに活動することを想定してつくられたために、しっかりと日よけを防ぐことができる広くて長いツバ、急に走ったり、風が吹いても飛ばないようなあごひも、ブランチ・ループとよばれるベルトがついています。ブランチ・ループとは昔戦争中に木の枝や草を引っ掛けておいてカムフラージュするためにつかわれていたものです。

アドベンチャーハットのかぶり方・コーディネートの仕方

アドベンチャーハットはまっすぐ水平にかぶるとメンズライクに、少しあみだにかぶる(後ろのほうにずらしてかぶる)と顔がよく見えて明るい感じになります。女性がかぶるとかわいらしい感じになります。メンズのコーディネートはカジュアルなスタイル、ややアウトドアスタイルに合わせるのがポピュラーです。レディースの場合もジーンズなど動きやすい服装などでコーディネートするほうがまとまるでしょう。山ガールのファッションとしてもアドベンチャーハットは取り入れてみたいところです。

アドベンチャーハット、ブッシュハット、ブーニーハット、ジャングルハット、サファリハットの違いとは?

上記5種類については非常に明確な違いというのはありません。あえて言うならば、サファリハットはもともとは探検家の帽子として発祥し、他の4種類のミリタリー(軍隊もの)発祥とは異なるので、ややテイストは違います。具体的にはブランチ・ループとよばれる木の枝や草をひっかけてカムフラージュして敵の攻撃から身を守るベルトがないことが多いです。

ブッシュハット、ブーニーハット、ジャングルハットの違い

ツバの長さの違い、できた時代や時期の違いなど諸説ありますし、見た目にも明確な違いはありません。ブーニーハットはサイドのボタンでツバを上げることにより、テンガロンハットのようなかたちにできる、などのことも言われていますが、全てごちゃごちゃになっているのが現状かと思います。ブッシュハットやブーニーハットが、現代に合わせてアドベンチャーハットやジャングルハットと呼ばれるようになったふしがあります。

【関連商品】

アドベンチャーハット

Top