帽子が20%ポイント還元

5月でも「3月のライオン」(感想)

さわやかな気候の5月ももう下旬となりました。

きれいな新緑が目に染みるようです。

 

公開中の映画「3月のライオン」前編・後編を観てきました。

羽海野チカ、コミック作品を実写化したもので、将棋の世界を題材に少年が成長していくお話。

神木隆之介くん主演です。

 

(公式サイトより引用)

ロケ地は兵庫県姫路市・書写山・円教寺

前編、最初に書写山・円教寺での名人戦のシーンがあるのですが、

これがホントに美しくて…身ぶるいしてしまいました。

歴史あるお寺の中で、盤を挟んでの対局。

何度も訪れたことのある、あの場所がこんな名シーンに…

兵庫県姫路市の地元民として誇らしい気分です。

 

映画の中には、さまざまな対局シーンが出てきますが、

頭脳プレーでありながら、人生や生き様まであぶりだされるような…

苦悩や戸惑いをちょっとした仕草や表情で表現する、どの役者さんもすばらしいです。

将棋はまるっきり素人でも、思わず熱くなれる映画でした。思い出しても涙が…

ご興味がありましたら、ぜひ。

わたしはもう一度、映画館で観てきます。神木くん、待っててね~!

映画「3月のライオン」公式サイト

http://www.3lion-movie.com/

 

ちなみに「3月のライオン」の意味は

「3 月のライオン」(羽海野チカ)の表紙には、”March comes in like a lion” と題名が英訳表記されています。

これは、”March comes in like a lion and goes out like a lamb.”(3 月は、ライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる)という英語の慣用句の前半です。

荒々しい天気から段々と穏やかになる3月の気候を表しているこのことわざを、羽海野チカは、「物語が作れそうな言葉」だと感じていた様子。 監修を務める棋士の先崎学は、昇級は6、降級をかけた最終局は3月に行われるため、3月は、棋士がライオンになると語っています。

…深いですね。

 

実際の将棋界でも

デビュー以来18連勝(2017年5月23日現在)の快進撃を続ける将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(14)の出現など、近頃、将棋界がなにやら熱い様子。わくわくしますね!

今回おすすめのたためるレディースハット

さて、少し帽子のご紹介を…

日差しが気になるこの季節。

折りたためて持ち運びにも便利な、こんなレディースハットはいかがでしょうか?

ブレードハット・パターン¥2,990

ブレードハット・パターン

ブレードハット・パターン

軽い素材でつくられた折りたたみ可能なハット。UV対策の加工もされているので、紫外線もしっかりと防いでくれます。内側のテープでサイズ調節も可能となっています。透明なナイロンバックもついています。サイズ:55cm~57cm推奨。つばの長さ:9.5cm。

こちらは実店舗でこの春からよく売れているお帽子です。

軽くてコンパクトにたためるのが、いいようです。

プレゼント用などにもよく買っていかれます。

ロケ地巡りにも最適なハットという事で、こちらもぜひ。

Top