帽子が20%ポイント還元

中折れ帽子・ソフトハット・フェドーラ・マニッシュハットとは?

中折れ帽子・ソフトハット・フェドーラ・マニッシュハットとは?

中折れ帽子やソフトハットとは、主に前方につまみの部分がついているフェルト製のハットのことをさします。トップの中心部分が折れている(くぼんでいる)ことから、中折れ帽といいます。材質が柔らかなフェルトを用いていることから、ソフトハットとも呼ばれたりします。また舞台の主人公の名前からフェドーラと呼ばれることもあります。男性的な帽子という意味合いからマニッシュハットと呼ばれることも。昔は男性的な帽子とされていましたが、現在では女性にも人気で性別による差はなくなってきています。

フェルトハット/THE FELT HAT

フェルトハット/THE FELT HAT

フェルトハット/THE FELT HATYahoo!ショッピングで買う

普通サイズの定番フェルトハット。シンプルで使いこなしのできるハットはこの冬も必須アイテムです。幅広いコーデに対応できるので、気分を変えて色違いで持つのもオススメ。スベリの裏でサイズ調整も可能です。

中折れ帽・ソフトハットの主なかたち・種類

センタークリース

昔は主流であった、真ん中が折れたようになっている中折れ帽。前方から後方にかけてまっすぐにへこんだようなかたちになっています。中折れ帽の語源となったようなかたちです。

ティアドロップ型(涙型・流線形型)

上記のセンタークリースが型であれば、人の頭のてっぺんが帽子のトップのへこみと当たってかぶり心地が悪くなってしまいます。そこで改良がくわえられたのがこちらのかたちで、帽子のトップが人の頭のかたちに合うように流線型をしています。頭に非常に馴染みやすいので、現在ではこちらが主流で人気のある帽子となりました。

ダイヤモンドヘッド型

帽子を上から見るとダイヤモンドのかたちをしているので、この 名前がつきました。ティアドロップ型と同じく、頭にフィット感があってかぶりやすいモデルです。こちらのハットは小ツバであることが多く、見た目はポークパイハットのような帽子になっています。

ウールとラビットの素材の違い

中折れ帽子・ソフトハットで使用される素材は主にウールやラビットがある。現在は化学繊維でウールに似た質感のものも登場しているが、人気として高いのはウールとラビットである。主な違いとしては、ラビットのほうがウールよりも手触りがよく、柔らかく、光沢がある。一般的にウールよりラビットのほうが高級とされています。価格ではラビットのほうがウールより数倍高いケースが多いです。

Top