帽子が20%ポイント還元

帽子、ぼうし、boushiとは?

帽子、ぼうし、boushiとは?

帽子とは一般的には頭にかぶるものとして定義されているが、その目的は実にさまざまであったりする。ファッションをはじめとし、制服であったり、身分をあらわす象徴であったり、日よけや頭部を守るための機能的なものであったり。現在でも、ストリートファッションのバケットハットから、飲食店の制帽のハンチング、リゾート地での日焼け防止の麦わら帽、マラソンでかぶるキャップなどそのシーンや用途はいろいろである。

帽子の歴史

日本の帽子の歴史

日本の帽子の歴史がどこからかはわからないものの、有名なものでは烏帽子などが平安時代からかぶられていたとされている。その後は笠などをかぶる文化があったものの、大きく変化したのは明治以降とされる。断髪令でザンギリ頭になってから、西洋の帽子が輸入され、また日本でもつくられるようになってくる。帽子をかぶる割合は9割を超えた時期もあったようで、帽子をかぶることが紳士のエチケット・マナーとなっていた。昭和初期までは非常に帽子をかぶる人が多かったようで、戦後から徐々にその人数は落ち着いてくるようになる。平成に帽子ブームなどが起こり、現在では個性を表現するファッションアイテムのひとつとして定着しつつあるようです。

世界の帽子の歴史

世界でも宗教的なシーンや軍隊の帽子などさまざまなシーンで帽子はかぶられてきました。王冠などもあるように、権威の象徴としてかぶられるようなものもありましたが、現在の帽子につながるもととなったのは18世紀から19世紀にかぶられていたシルクハットなどが原型となっています。ハットなど正装としてかぶられていましたが、狩猟用にハンチングがつくれるようになり、現在のキャップへとつながっていきます。

帽子の種類

帽子の種類は本当にさまざまですが、大きくわけるといくつかのかたちに分類できそうです。大きくわけると中折れ帽のようなツバがついたハット、一部にツバがついたキャップ、ハンチング、キャスケット。そしてベレー帽ニット帽といったツバのないかたちです。あとはツバのかたちやトップのかたちなどでそれぞれの名前がついています。

似合う帽子の選び方

帽子をかぶる際には、似合う帽子を選ぶコツというのがあります。主には帽子のサイズと顔の輪郭など顔のかたちにあわせた選び方です。

帽子のサイズの測り方、選び方、数え方

顔の輪郭のタイプ別に似合う帽子の選び方

似合う帽子のかぶり方

帽子を選んだあとは、それぞれのベストのかぶり方をすることでより似合う帽子となります。主に角度や向き、深さがポイントとなってきます。

かたちによる似合う帽子のかぶり方

帽子のお手入れ方法、洗濯、保管の仕方

帽子を購入したあとは、お手入れやメンテナンス、しっかりとした洗濯や保管をすることで帽子が長持ちします。

帽子のお手入れ方法

帽子の洗濯方法・クリーニング・洗い方

帽子の収納・保管方法

帽子のブランドについて

帽子にもブランドがあります。世界最古の帽子屋といわれているのは1676年に設立されたジェームス・ロック・アンド・カンパニー・ハッターズ(James Lock & Co. Hatters)といわれています。各メーカーによってそれぞれの特色がありますので、比較してみるのも面白いでしょう。

帽子のブランドについて

LION-DO帽子通販専門店

Top