帽子のサイズの測り方、選び方、数え方

ライオンドー帽子通販ショップ

頭のサイズの測り方

基本の帽子の測り方は巻き尺かメジャーで。

巻尺かメジャーを用意し、頭周りを測ります。(実際に帽子をかぶるラインで測ります。) 

ディアーベレー/DEER BERET

おでこの一番出ている部分から耳の上を通り、後頭部の一番出ている部分を測るのが一般的です。

ピッタリでかぶるならジャストサイズですが、余裕をみて0.5cmくらいプラスしたサイズを探すと良いです。ここで注意すべきは髪のボリュームを考慮することです。きっちりと測ろうとしすぎて、髪の毛を押さえつけて測ってしまうと後でかぶった時に締め付け感を感じることがあります。ややふんわりと測るか、押さえつけて測った後に1cmくらいプラスした数字が適したサイズになります。

またあみだかぶりをする場合はひとまわり大きいサイズを選んでもいいかもしれません。

【参考】

帽子のサイズの測り方

 

巻き尺やメジャーがない場合はひもなどで代用を。

巻尺がない場合はヒモなどで頭1周の長さに印をつけ、それを定規などで測ります。詳しくわからない場合は帽子の専門店で聞いてみると良いでしょう。

自分にあったサイズの選び方

帽子のサイズの種類

SSサイズ(54cm~55.5cmくらい)

Sサイズ(55.5cm~56cmくらい)

Mサイズ(56cm~57.5cm,くらい)※成人女性で一般的に多いとされるサイズです。

Lサイズ(57.5cm~59cmくらい)※成人男性で一般的に多いとされるサイズです。

2L・LL・XLサイズ(59cm~60.5cmくらい)

3Lサイズ(60.5cm〜62cmくらい)

4Lサイズ(62cm〜63.5cmくらい)

5Lサイズ(63.5cm〜65cmくらい)

帽子のサイズの選び方(ひとつのアドバイスとして)

各メーカーによってサイズ感は異なりますが、市販の帽子のサイズで多いものは57.5cmになります。(多くのメーカーが57.5cmまたは58cmをMサイズの基準として採用しています)

市販の帽子で入らない場合はLサイズやLLサイズを検討すると良いでしょう。市販の帽子が大きすぎる場合はSサイズなどを検討した方がよいでしょう。

市販のものでフリーサイズと記述があるものも全てのサイズをカバーすることは難しいので、自分のサイズに合うかどうか注意が必要です。(最近はゴムやサイズ調整テープなどがついているものがあるので以前にくらべると調整できる帽子は増えてはいます。)またサイズ感だけでなく帽子の高さや深さも選ぶ基準のひとつです。

【参考】

帽子のサイズについて

 

サイズ選びの際の大きさの目安

上記のように、市販の帽子よりどのくらい大きいか小さいかを調べる目安として、下記を参考にしてください。(あくまでサイズ選びの目安です)

・指が2本以上入るくらい帽子が大きい→2サイズ(3cm以上)帽子が大きいと考えられます。

・ひとさし指が第2関節まで入るくらい帽子が大きい→2cm程度帽子が大きいと考えられます。

・ひとさし指が第1関節まで入るくらい帽子が大きい→1cm程度帽子が大きいと考えられます。

・帽子をかぶれるがぴったりしてきつく感じる→1cm程度帽子が小さいと考えられます。

・帽子をかぶると浮いたようになって最後までかぶれない→2,3cm程度帽子が小さいと考えられます。

年齢による頭のサイズの違い・平均の目安の一覧

帽子のサイズは足のサイズと同じように人それぞれです。身長が高いのに頭のサイズが小さい方もいらっしゃいますし、身長が低いのに頭のサイズが大きい人もいらっしゃいます。男女の差も特になく、人によって違います。また年代や髪の量によっても異なります。下記はあくまで目安としてご参考下さい。

成人男性(紳士)・女性で一番多いとされるサイズ 56cm~59cm(MまたはLサイズ)

高校生や中学生で多いサイズ 54cm~57cm(SまたはMサイズ)

中学生や小学生高学年で多いサイズ 53cm~56cm(SSサイズまたはSサイズ)

小学生低学年で多いサイズ 52cm~54cm(キッズ・ジュニアサイズ)

幼稚園・保育園で多いサイズ 50cm~52cm(幼児・子供用サイズ)

2・3歳で多いサイズ 48cm~50cm(幼児・子供用サイズ)

1才以下(新生児・赤ちゃん)で多いサイズ 46cm~48cm(ベビーサイズ)

海外での帽子のサイズ

アメリカ(US)やイギリス(UK)、イタリア、フランスなどのヨーロッパなどで帽子のサイズは異なります。海外では日本と異なり、単位はインチを採用している場合が多いからです。また西洋人と東洋人の頭のかたちは異なるために、西洋の規格の帽子だと同じサイズでも小さく感じることがあります。(特にフェルトハットなど。西洋人は主に上から頭を見ると卵型で奥行きがあるのに対して、東洋人は鉢が張っていて上から頭を見ると丸に近い構造をしているためです)

ニューエラの平均サイズやサイズ感について

ここで日本でも馴染みの深いニューエラ(NEW ERA)のサイズを紹介します。ニューエラのサイズ表記はインチ表記になります。

7(55.8cm), 7 1/8(56,8cm), 7 1/4(57.7cm), 7 3/8(58.7cm) , 7 1/2(59.6cm), 7 5/8(60.6cm), 7 3/4(61.5cm), 7 7/8(62.5cm), 8(63.5cm)

一般的な市販の帽子が58cm程度ですので、通常の市販の帽子に近いのは7 1/4(57.7cm)か 7 3/8(58.7cm) になります。

男性に人気のサイズは7 3/8(58.7cm) 、女性に人気なのは7 1/4(57.7cm)になります。

大きいサイズでなければ入らない、野球帽の後ろのサイズをゆるめてかぶるという方には 7 5/8(60.6cm)あたりが人気です。

アジャスターをゆるめてもかぶれないという方には7 7/8(62.5cm)以上がおすすめとなってきます。

帽子のサイズの調整・直し方

帽子をかぶってみてゆるい、グスグスする、指が入るなどの場合はサイズが大きい可能性があります。またぴったりとして頭が締め付けられる場合はサイズが小さい可能性があります。

帽子のサイズが大きい場合(頭が小さい場合)

帽子のサイズが大きい場合には帽子の型にもよりますが、1cmくらいであればサイズ調整テープを入れることによって大きさを縮めることも可能です。

帽子のサイズが小さい場合(頭が大きい場合)

帽子のサイズが小さい場合には帽子のストレッチャーといわれる拡張器で広げて大きくすることもできます。(帽子にもよりますが、約1cmくらいまで)それ以上の場合には帽子のサイズ直しをする必要があります。(場合によっては一度帽子を解体する必要があります。)

【参考】

小さいサイズのオススメの帽子

大きいサイズのオススメの帽子

人気のある帽子の種類

帽子には多くの種類があります。その中でも人気のある帽子の種類について紹介します。

キャップ

フィット感がたまらないFLEX FIT・キャップ。帽子全体とスベリ部分に伸縮性あるフレックス素材を使用し、頭に添う快適な…
軽量かつ、柔らかでハリのある生地感が特徴のカジュアルなベースボールキャップ。ウォッシュ加工(軽いダメージ加工)を施したコ…

キャップ一覧

ハット

普通サイズの定番フェルトハット。シンプルで使いこなしのできるハットはこの冬も必須アイテムです。幅広いコーデに対応できるの…
メルトン素材の秋冬向けハットです。しっかりと形作られているので、きれいなシルエットをキープ。ベーシックなカラーは取り入れ…
今年も人気のシンプルな春夏ペーパーハット。つば先にワイヤーが入っているので、自由に形を変えることができます。カラーは6色…
洗いをかけたコットンツイル素材のカンゴール・バケットハット。カジュアルな雰囲気でストリートからコートまで、幅広いコーデを…
59FIFTYのクラウン部分のシルエットをハットタイプにアレンジした帽子。サイズ展開が豊富で大きいサイズから小さいサイズ…
折りたたみが可能でアウトドアからタウンユースまで幅広く使用できるハット。長めのバイザーやフラットなトップが特徴。アジャス…
春夏ペーパー素材を使用したシンプルなカンカン帽。メンズ、レディースかぶれるユニセックスなデザイン。しっかりとしたつくりに…
ベーシックなスタイルのフェルト・ボーラーハット。トップに丸みがあり、つばが全体にクルリと上を向いているのが特徴です。リボ…
NEW ERA(ニューエラ)の定番のバケツをひっくり返したようなシルエットが特徴のアウトドア系のハット。シンプルなつくり…

ハット一覧

ニット帽

たっぷりしたシルエットの深めにゆったりかぶれるワッフルワッチ。主にコットン素材を使用してあるので、肌触りもよくサラリとし…

ニット帽一覧

ハンチング帽

カンゴール定番のウール(羊毛)100%の秋冬ハンチング帽。飽きのこない洗練されたフォルムでメンズ、レディースともに長年人…
パウダータッチなキャンバス生地を使ったハンチング。製品洗い加工を施して、自然なユーズド感に仕上げました。サイドのパーツに…

ハンチング一覧

キャスケット

上から見るとエスカルゴの様に見える8枚ハギのキャスケット。シンプルだからこそ、クラウンの形にこだわって、角が立ちにくく、…
ツイル生地やデニム生地で作られたオールドタイプの6パネルキャスケット。ボリュームのある大きめシルエットが特徴です。後ろに…
デニム素材のベーシックなキャスケット。丸みのあるシルエットが特徴です。深くかぶることでボリュームを抑えたり、つばを上げる…

キャスケット一覧

ベレー帽

カンゴール(KANGOL)で人気のトロピックモンティをひとまわり大きくしたビッグモンティです。モンティとはバーナード・ロ…
竹繊維を使用したバンブーシリーズのカンゴール・ジャックスベレー。クラウンに8つのくぼみがあり、程よいボリューム感の形が決…
良質なウールを使用した、年齢、男女問わずかぶりやすいシンプルな純国産のバスクベレー帽。フラミンゴのマークがトレードマーク…

ベレー帽一覧

 

【参考】

画像・イラストで見る、その他の帽子(メンズ・レディース)

 

帽子の数え方

帽子の数え方は1個、2個、3個・・・(または一つ、二つ、三つ・・・)と通常の個数を数える時と同じです。

【参考】

帽子のかぶり方

Top