帽子が20%ポイント還元

帽子を室内(屋内)、レストランなどでかぶるとマナー違反か?

帽子を室内(屋内)、レストランなどでかぶるとマナー違反か?

室内やレストランで帽子をかぶるとマナー違反なんですか?また室内やレストランでは脱いだほうがいいの?というご質問をよく頂きます。特にニット帽ベレー帽といった帽子はツバがないので、どうしたらいいかわからないんですよね。ましてやターバンやヘッドバンドなどは髪と一体化してしているような雰囲気まであるので、どうしていいかわかりません。

帽子を室内でかぶるのはマナー違反か

結論でいえば、ケースバイケース

室内で帽子をかぶることはマナー違反かどうか?ということに対しての答えはケースバイケースといえます。ちょっと腑に落ちないでしょうか。ひと昔前では帽子は室内では脱ぐのがマナー、ということが常識でした。しかしながら、時代は多様化して、現在では時と場合によって異なるといえます。

帽子を脱ぐのは紳士のしるし?

帽子の起源はいろいろとありますが、現代の帽子の文化のもとは主に中世・近代の西洋の帽子文化から流れがきているところがあります。当時の世界では室内では帽子を脱ぐのが紳士の証として、脱ぐことがマナーとされていました。その後、明治時代に日本にも帽子が輸入されるようになると、日本でも室内では帽子を脱ぐ、人と挨拶するときは帽子を脱ぐ、といったマナーがつくられていったのだと思われます。

現代では室内で帽子をかぶるのはマナー違反?

近年は帽子のかたちも様々なものができて、ツバのないベレー帽やニット帽、ヘアバンド、ターバンなどの帽子のかたちが登場しています。特にツバがないので邪魔になることも少なく、中世ヨーロッパでかぶられていたシルクハットのように相手に威圧感を与えるような帽子でないケースもあります。よりヘアアクセサリーのような存在となってきましたので、一部では帽子をかぶって室内で過ごしたり、レストランで食事をしたりすることはマナー違反とは見られないケースも出てきました。

基本は室内では帽子を脱いだほうがベター

室内で帽子をかぶることはマナー違反でないと認識されることも多くなってきましたが、基本は帽子を脱いだほうがベターです。高級なホテルのレストランでの食事、格式ある場所、目上の人と過ごす場合などは、やはり帽子はかぶったままより、脱いだほうがベターです。冠婚葬祭で、ツバのある帽子などはやはりマナー違反に見られることも多いのでクロークで預けるほうがよいでしょう。

病院に入院中、通院中、抗がん剤での治療中などはどうか?

近年抗がん剤の治療や放射線治療などで髪の毛が抜けるために、帽子やウィッグをかぶられるという方も多くいらっしゃいます。そういった場合に室内や屋内でかぶっていていいのか?とい問題もありますが、多くの場合は問題ないと思われます。帽子をかぶっていたほうが抜け毛を防ぐことができ、頭部も守ることもできるので、メリットの部分が大きいです。周りの理解も得られやすいと思いますので、かぶられたほうが良いでしょう。

医療用・抗がん剤使用時のおすすめの帽子について

基準は相手を不快にさせないかどうか

現在は杓子定規で、室内で帽子をかぶったままでいることがマナー違反かどうかは判断が難しくなっています。とはいえ、基準が必要です。そもそもマナーとは相手が不快に感じるかどうか?ではないでしょうか?カジュアルなレストランやフードコートなどでは比較的帽子はかぶっていても大丈夫でしょう。しかし、一緒にいる人が目上の人で、帽子を室内でかぶることをよく思っていない人であれば脱いだほうがよいのです。また靴を脱ぐ場合、相手の家にお邪魔する場合は脱いでいたほうが印象が良いかもしれません。ですので、帽子を室内でかぶるのがマナー違反かどうかはケースバイケースとなるのです。

Top